ホームものづくりマイスター事業 > ものづくりマイスター制度

ものづくりマイスター制度

マイスターシンボルマーク.png

 

ものづくりマイスター制度

 

 

ものづくりマイスターとは

mono-meister.jpg

 

 

若者への「効果的な技能継承」「後継者育成」を応援します

 

ものづくりに関して一定の技能・経験を有する方を

ものづくりマイスターに認定・登録して

若年技能者の人材育成に活躍していただく制度です

 

 

若者のものづくり離れ・技能離れがみられる中若者が進んで技能者を目指す環境の整備、産業の基礎となる高度な技能を有する技能者の育成などが課題となっております。

 

山形県技能振興コーナーは、厚生労働省より委託を受け「ものづくりマイスター制度」を設け、中小企業や教育訓練機関で広い若年技能者へ実技指導を行い効果的な技能の継承や後継者の育成を行うとともに、小中学校等でのものづくり体験教室等を開催し、ものづくりの魅力を発信します。

CIMG8867.JPGのサムネイル画像CIMG9083.JPGCIMG0159.JPGのサムネイル画像CIMG1283.JPGのサムネイル画像


 

 

・・・具体的な取り組み・・・

 

「ものづくりマイスター」の認定

  製造業及び建設業に相当する職種を対象とし

  高度な技術や経験を有する技能者をものづくりマイスターとして認定

 

「ものづくりマイスター」による実技指導

  中小企業・団体のほか工業高校等から実技指導の要望に基づいて

  適任なものづくりマイスターを派遣し、実技指導を実施    

 

「ものづくりマイスター」によるものづくり体験教室

  小中学校の児童・生徒等を対象にものづくりマイスターを派遣し

  体験教室を通してものづくりの楽しさや魅力を伝える       

 

ものマイ制度パンフ.pngのサムネイル画像

ものづくりマイスター制度のご案内パンフレット