2019年7月アーカイブ

7月30日(火) 山形市のむらきざわ児童クラブに行ってきました!

「ロボットプログラミング」について
ITマスター:千秋 広幸 さん、千葉 亮さん にご指導いただきました。
 
2020年から小学校でプログラミングが必修化になります。
これはロボットを使ってプログラミングを学ぶことができる体験教室ですpc
今回は、むらきざわ児童クラブの1~4年生が体験しました!
CIMG2991.JPG
縦割りで3名1グループとなり、
タブレットとロボットをそれぞれ1台づつ使います!
はじめにロボットをしゃべらせるプログラムを作ってみました。
CIMG2998.JPG CIMG3047.JPG
タブレットに文字を入力するので低学年は少し時間がかかりますが
グループで教え合いながら協力して作っていましたgood
ロボットが自分の入力した通りにしゃべると
「すごーい!」と嬉しそうhappy01
 
しゃべるのほかに、動きや聞くといったプログラムも学び
それらを組み合わせて「夏休みにしたいこと」をテーマに
プログラミングし、発表してもらいましたflair
CIMG3019.JPG CIMG3054.JPG
どのグループも、今日習ったことを活かした発表となりましたshine
「たのしかった!またやりたい!」との声が多くあり
楽しんでプログラミングについて学べたようで
とてもいい体験となりましたsmile

7月12日(金) 南陽市立中川小学校に行ってきました!

「ロボットプログラミング」について
ITマスター:千秋 広幸 さん、横倉 正教さん にご指導いただきました。
 
2020年から小学校でプログラミングが必修化になります。
これはロボットを使ってプログラミングを学ぶことができる体験教室ですpc
今回は、中川小学校の5・6年生が体験しました!
 
はじめにITマスターのお二人のご挨拶happy01
IMG_0006.JPG
続いて、ITとは?プログラミングとは?などについて
プリントを見ながら勉強しましたpencil
IMG_0010.JPG
意識してみると、生活している中で
プログラミングによって動いているものって
たくさんあることに気づき、その大切やを学びました。
 
そしていよいよロボット「NAO]の登場sign01
IMG_0002.JPG
前に置いてあるタブレット「iPad」を使って
プログラミングをおこないますflair
 
「しゃべる」のブロックと文字を入力したブロックを組み合わせて実行を押すと
入力したとおりにロボットがしゃべりますshine
ほかにも、「動く」のブロックや「聞く」ブロックがあり
それらを組み合わせるとロボットと会話しているようになりますsmile
IMG_0021.JPG IMG_0011.JPG
みんな班の人と協力してプログラムを組んでいましたnote
楽しく学ぶことができ、大満足の体験教室となりましたgood
 
 

7月11日(木) 米沢市立関小学校に行ってきました!

「ロボットプログラミング」について
ITマスター:千秋 広幸 さん、横倉 正教さん にご指導いただきました。
 
2020年から小学校でプログラミングが必修化になります。
これはロボットを使ってプログラミングを学ぶことができる体験教室ですpc
 
米沢市立関小学校では、4~6年生が体験しました!
 
はじめに、講師のITマスターの紹介や
プログラミングについてプロジェクターを使い座学を行いましたpencil
IMG_0011.JPG
目に見えないけれど、プログラミングはたくさんのものに
使われていることを学びました!
 
そして、いよいよロボットの登場sign01
1台のロボットに対して、2台のiPadが使えます。
みんな順番に「(ロボットが)しゃべる」を実行flair
IMG_0014.JPG IMG_0028.JPG
ブロックを組み合わせるように指で操作し
しゃべらせたい文字を打ち込んでいきますeye
自分が入力した言葉をロボットがしゃべってくれて感動shine
 
その後は、「動き」「聞く」など様々なプログラムに挑戦しましたnote
最後は、今日学んだことをフル活用して
“関小学校の自慢”を紹介してもらうプログラムを組んで発表してもらいましたshine
 
おわりに感想を聞いたところ、全員が手をあげ感想を言ってくれましたhappy01
プログラミングについて楽しみながら学ぶことができましたgood

7月8日(月) 米沢市立窪田小学校に行ってきました!

職種は「印章彫刻」
ものづくりマイスター:高橋久雄さん、星明廣さん 
補助者:安藤良徳さん
ご指導のもと「てん刻(はんこ作り)」に挑戦しました。
 
はじめに、印章の歴史や契約時における印鑑の意味、
篆書体などについて職人であるマイスターから説明があり
普段聞くことのできないようなお話をしていただきました!
CIMG1182.JPG CIMG1159.JPG
はんこ作りは2面行いましたrecycle
文字の部分を彫るのか、文字の周りを彫るのかで
出来上がりの印象が違いますflair
 
専用の土台の石を置き
彫刻刀を使い彫っていきます。
マイスターから細かい部分の手直しやアドバイスをもらいながら
みんな一生懸命sign03かなり真剣ですeye
CIMG1167.JPG CIMG1174.JPG
CIMG1170.JPG CIMG1149.JPG
時間内に全員完成しましたnote
はんこは、今後の学校の作品などに活用するそうですhappy01
 
 
・・・体験教室の感想を一部紹介・・・
  
・マイスターがはんこをほるとき、はやくてびっくりした
・講師の話がわかりやすかったし技がすごかった
・ほるのが難しかったけど自分だけのはんこが作れてたのしかった

7月2日(火) 米沢市立三沢東部小学校に行ってきました!

職種は「菓子製造」
ものづくりマイスター:戸田 健志 さん
ご指導のもと「ねりきり(和菓子作り)」に挑戦しました。
 
文化クラブの4~6年生が体験しますhappy01
餡に色をつけたものでさまざまな形をつくるねりきりですが
今回は2種類作りますrock
CIMG1069.JPG CIMG1067.JPG
さあ、なにができるでしょう?
 
材料を丸くしてから平らに伸ばし
その中に餡をつつむ「包餡(ほうあん)」作業は
ラップを使って行いますshine
CIMG1076.JPG
またきれいに丸を作ったら
箸で線をつけたり指でつまんだりして作品を仕上げますflair
 
戸田マイスターは各テーブルをまわって
丁寧にやり方を教えてくれましたconfident
CIMG1115.JPG CIMG1119.JPG
 
\ じゃーん happy01 /
CIMG1136.JPG
こんなにキレイなお花ができましたtulip
 
最後に戸田マイスターの熟練のワザを見せてもらいました!
身近にある道具を使い、パパッときれいな作品を何個も作るマイスターを見て
子どもたちは感動happy02
CIMG1129.JPG
普段見ることのない和菓子作りを
目の前で見ることができる貴重な体験となりましたheart