「銅板エッチング」に挑戦!酒田市立東部中学校

| コメント(0) | トラックバック(0)

9月30日(水) 酒田市立東部中学校に行ってきました!

職種は「建築板金」
ものづくりマイスター:小野 浩光 さん・栁沼 勝幸 さん
補助者:髙橋 潔 さん、池田 登 さん、齊藤 一三 さん
ご指導のもと「銅板エッチング」に挑戦しました。
 
2年生が毎年行っていた「職場体験」が中止となってしまい
「職業に触れる機会・生き方や将来を考える機会作りたい」
という希望から実施しました!
5職種の中から好きなものを選んでもらい、人数を分散flair
 
「建築板金」職種では「銅板エッチング」の体験をしますhappy01
 
銅板を使った作品を展示shine
CIMG0010 (1).JPG CIMG0012 (1).JPG
銅板で作った表札や、ボールのような立体的な作品もあり
生徒たちは手に取ったり説明を聞いたりして
板金の仕事について学んでいましたsign01
 
「銅板エッチング」の体験は
用意した絵や文字を銅板に写すことからスタートpencil
CIMG0045 (1).JPG CIMG0046 (1).JPG
ボールペンや棒を使って薄い銅板におうとつをつけますrecycle
手が疲れるけど、よりいい作品を作るため力を込めてなぞりますrock
その後、浮き出た部分をマジックで染めますsign05
このあと硫化カリウム水溶液に入れるときに、
薬品の効果を受けないためのマスキングですflag
CIMG0120 (1).JPG CIMG0119 (1).JPG
硫化カリウム水溶液に入れると腐食し真っ黒になりますeye
ラッカーでマジックを落とすとピカピカの作品が完成note
CIMG0166 (1).JPG CIMG0169 (1).JPG
立体的できれいな作品ができあがりましたhappy01
ものを作る大変さやできたときの嬉しさなど
体験教室を通し実感できたようでしたshine
CIMG1534.JPG
 
体験した生徒からは
・経験がすごく必要な技だなと思いました。身の回りにも板金の技術が使われていると知りとても驚きました。
・手の力をすごく使いました。でもやったことのない体験ができたのですごく楽しかったです。
・上手に楽しく作ることができた。他の体験教室もやってみたいと思った。
などの感想がありましたbud
 
 
体験の様子が、新聞記事で紹介されましたcamera
 
記事はこちら → 荘内日報社さん ・ 山形新聞さん
 
 
 
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.monozukuri-mirai.net/mtos/mt-tb.cgi/236

コメントする

山形県職業能力開発協会
〒990-2473
山形市松栄2丁目2番1号
県立山形職業能力開発専門校3F
TEL.023-644-8562
FAX.023-644-2865

山形県技能振興コーナー
TEL.023-645-3131
FAX.023-644-2865