「マスクつくり」に挑戦!山形市立第六中学校

| コメント(0) | トラックバック(0)

5月19日(水) 山形市立第六中学校に行ってきました!

職種は「和裁」
ものづくりマイスター:菱沼 恵美子 さん、補助者:武田 邦子 さん
ご指導のもと「マスクつくり」に挑戦しました。
 
今年度初の体験教室sign03
2年生のキャリア学習の一環で「職業人講話」という
職業について学ぶ時間に実施しました。
 
造園・電子機器組立て・和裁・塗装・建築大工・畳製作・建具製作
・菓子製造・左官・ITの10職種を同時実施happy02
生徒のみなさんからは、これらの職種の中から興味のあるものを選び、
体験してもらいましたshine
 
和裁職種では「マスク」を作りますrock
和裁1.JPG
コロナ禍の今、マスクは必需品wink
自分のマスクも自分で作ってみましょうnote
 
CIMG7893.JPG
マイスターさんが用意してくれた型紙です。
この型紙をもとに製作していきますscissors
 
和裁2.png 
みんな黙々と一生懸命縫っていますeye
洋裁ではミシンを使いますが、和裁は手縫いですpaper
 
和裁4.JPG
難しいところはマイスターさんに手伝ってもらいましたhappy01
和裁職種では、布のシワを伸ばしたり、折り目をつけたりするときに
アイロンではなく「こて」という道具を使いますflair
アイロンより軽く小さくて、細かいところまで使うことができる、
和裁では大事な道具なのですshine
 
 
和裁5.JPG 和裁6.JPG
作業に集中して時間を忘れてしまいますhappy02
 
和裁7.jpg
完成!
自分で作ったものは、とっても愛着が湧きますねlovely
和柄のマスクもステキですshine
型紙を参考にお家でもできるので、家族のみんなに作ってあげてくださいgood
 
生徒の皆さんからマイスターさんに質問もありましたflair
特に印象的だったのが、
「どうして和裁の仕事をしようと思ったのですか?」
という質問confident
 
マイスターさんからは、
「私が子供の頃、母親が、自分が着ていた服をリメイクして私に
ワンピースを作ってくれた。
そのうれしかった思い出から、私も自分の子供に同じことをしてあげたいと思い、
手に職をつけたいと思ったことがきっかけ。」
というお話をしていただきましたconfident
 
ものづくりには、もちろん楽しさもありますが、「手に職をつける」
という強みもありますrock
自分の技能で誰かを喜ばせることができたら、とても幸せなことですねshine
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.monozukuri-mirai.net/mtos/mt-tb.cgi/273

コメントする

山形県職業能力開発協会
〒990-2473
山形市松栄2丁目2番1号
県立山形職業能力開発専門校3F
TEL.023-644-8562
FAX.023-644-2865

山形県技能振興コーナー
TEL.023-645-3131
FAX.023-644-2865