「プログラミング」に挑戦!山形市立第六中学校

| コメント(0) | トラックバック(0)

5月19日(水) 山形市立第六中学校に行ってきました!

職種は「IT」
ITマスター:千秋 広幸 さん、補助者:水戸部 新一 さん
ご指導のもと「プログラミング」に挑戦しました。
 
今年度初の体験教室sign03
2年生のキャリア学習の一環で「職業人講話」という
職業について学ぶ時間に実施しました。
 
造園・電子機器組立て・和裁・塗装・建築大工・畳製作・建具製作
・菓子製造・左官・ITの10職種を同時実施happy02
生徒のみなさんからは、これらの職種の中から興味のあるものを選び、
体験してもらいましたshine
 
IT職種ではパソコンを使って「プログラミング」を行いますrock
 
CIMG0088-1.JPG
小学校では昨年から必修科目となり、中学校においても
今年から実施される「プログラミング」flair
最近は、身近にプログラミングに触れることができるツールがあったり、
ますますプログラミングが重要視される世の中になっていますねshine
 
CIMG0096-2.JPG CIMG0099-1.JPG
今回は無料プログラミング体験ツール「Hour of Cord」というものを使って
プログラミング体験を行いましたconfident
「命令」が書いてあるブロックを、キャラクターを動かしたい順番にくっつけて
いくという比較的わかりやすいプログラムですshine
 
CIMG0100.JPG
「前にすすむ」「右をむく」などのブロックを、たくさんつなげていけばゴール
できるものも、「同じ操作を◯回繰り返す」という「繰り返し」ブロックや
「◯◯のときは◯◯をする」といった「条件分岐」ブロックを使うことを
ひらめくと、より短いプログラムで簡単にゴールできますflair
これを発見できたときは、とっても気持ちいいです!
 
CIMG0098-1.JPG
さすが中学生、パソコン操作は慣れていますshine
あっという間にゴールdash
できた人は、プログラムをもっと短くできないか考えてみようeye
 
ITマスターさんからの講話で、
「みんなが使っているゲームやアプリは誰かが作ったプログラムで動いている。
自分でプログラミングを行うと、キャラクターなどをちょっと動かすだけでも、
どれだけ大変なのかがわかると思う。
みんなに、そのありがたみをわかってもらいたい。
そして、今度は自分がプログラムを提供する側になってもらいたい。」
というお話がありましたconfident
 
ITに興味のある皆さん、ぜひチャレンジしてみてくださいrock

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.monozukuri-mirai.net/mtos/mt-tb.cgi/280

コメントする

山形県職業能力開発協会
〒990-2473
山形市松栄2丁目2番1号
県立山形職業能力開発専門校3F
TEL.023-644-8562
FAX.023-644-2865

山形県技能振興コーナー
TEL.023-645-3131
FAX.023-644-2865