2021年11月アーカイブ

11月27日(土) 三川少年少女発明クラブに行ってきました!

職種は「電子機器組立て」
ものづくりマイスター:千秋広幸 さん
補助者:水戸部新一さん
ご指導のもと「LED回転ライトづくり」に挑戦しました。
 
クラブに所属する4~6年生が参加してくれましたconfident
三川発明クラブ1.JPG
今回は、LEDが回転して光るライトを作りますflair
これは、スイッチを押すと10個のLEDライトが順番に
光っては消えるという動作を繰り返し、まるで回転している
かのように見えるライトですtyphoon
 
三川発明クラブ2.JPG 三川発明クラブ3.JPG
電子部品はいろんな種類があり、とても細かいので、
はじめに整理しておくと作業しやすくなりますshine
 
三川発明クラブ5.JPG 三川発明クラブ4.JPG
ほとんどの人がはんだ付け作業は初めてで、ドキドキしながらはんだごてを
使っていたようですcoldsweats02
でも、すぐに慣れて上手に丁寧にはんだ付けしていましたよnote
マイスターさんからの説明をよく聞いて、さらに自分で解説書をよく見ながら
がんばりましたrock
 
三川発明クラブ6.JPG
はんだは多くても少なくても不良が起きてしまいますshock
ちょうどよい量を適切な場所に付けることが、はんだ付け
作業の重要なポイントですflair
 
三川発明クラブ7.JPG
全員時間内に完成することができましたgood
うまく動作しないものもありましたが、マイスターさんからの
アドバイスで手直しした結果、みんなが正しく動作するようになりましたshine
今回学んだはんだ付け作業を、みなさんの今後のいろんな発明に役立ててくださいhappy01

11月24日(水) 金山町立有屋小学校に行ってきました!

職種は「IT」
ITマスター:千秋 広幸 さん、松田 潤一 さん、渡辺 友浩 さん
ご指導のもと「プログラミング」に挑戦しました。
 
今回は、1年生から6年生の全校生徒対象に実施しましたrock
 
有屋小1.JPG
コロナ禍で人と会うことや移動することも制限されている世の中ですが、
オンラインで交流したり、ネットを利用した買い物ができたりと、
私たちは様々なITツールを使ってコロナ禍以前のような生活ができていますwink
これらは、たくさんのプログラムのおかげであると言っても
過言ではないでしょうconfident
コロナ禍になったことで、改めてプログラムの大切さを感じますねshine
 
有屋小2.JPG
今回の講座でも、ボール型のロボットを実際に動かすプログラムを作りますgame
このロボットは、「動く」「光る」「話す」ことができる
プログラミング学習用のロボットですsoccer
ブロック状になった「命令」を下にどんどんくっつけていくように
プログラミングしていきますnote
 
有屋小3.JPG
ロボットはプログラムどおりに動きますdash
間違ったプログラミングをすると、ロボットも間違った動きを
してしまいますdespair
もし正しくないプログラムがあっても、正しい動きができるように、
どこが違うのかしっかりと間違いを見つけて修正することが大事ですrock
 
有屋小4.JPG
低学年の子どもたちは、指で模様などを書いて、そのとおりにロボットを動かす
というプログラミングからスタートしましたscissors
このように、難易度を変えて簡単に楽しくできるのも
プログラミング講座の魅力の一つですhappy02
 
有屋小5.JPG
私たちは、プログラマーが作ったプログラムを利用して便利な生活ができていますflair
この体験を通じて感じるのは、そういった便利なプログラムを作るためには、
たくさんの労力と時間、アイディアや知識が必要であるということですthink
皆さんにいいものを提供したいという作り手の気持ちは、ITもものづくりも一緒ですねrock

11月24日(火) 九里学園高等学校に行ってきました!

職種は「菓子製造」
ものづくりマイスター:味田 勝徳 さん
ご指導のもと「練りきりつくり」に挑戦しました。
 
7月に同校の3年生を対象に体験教室を実施したところ、大変好評をいただきましたhappy02
その際、「2年生にも同じ体験をさせたい!」という先生方の強い要望があり、
今回実施することになりましたscissors
 
九里学園2年1.JPG
2年生49名が参加してくれましたsmile
 
九里学園2年2.JPG
今回は味田マイスターの手の動きがよくわかるように、投影機を準備いただき
スクリーンに手元の映像を映し出してもらいましたmovie
 
九里学園2年3.JPG
今回製作する練りきりは、冬に美しい花を咲かせる「椿(つばき)」tulip
日を追うごとに寒さを増してきて、もうすぐ本格的な冬がやってくる、
そんな今の季節を表すような課題ですねsnow
 
練りきりづくりの基本、「包餡(ほうあん)」作業をしますwink
ピンクと白の餡を丸く平たく伸ばして、黒餡を包み込んでいきますpaper
 
九里学園2年4.JPG
卵のような道具を使って、丸い餡の上からぎゅっと押し込んでくぼみを作りますchick
すると、まるで椿のように餡の中心から放射状に花びらができました!
あとは指で少しずつ形を整えますgood
 
九里学園2年6.JPG
蕊(しべ)と葉を付けて、とってもきれいな椿の完成notes
それともう一つ、かわいいミケネコを作りましたcat
 
九里学園2年7.JPG 九里学園2年8.JPG
最後に味田マイスターの作品を紹介していただきましたshine
鮮やかな色、細かな技に、生徒のみなさんは終始感動していましたconfident
日々研鑽を積み、その道を極めようと努力すると、その技能は人を感動させる
力を持つということを改めて感じましたrock
この体験が、生徒の皆さんにとって何かのきっかけになってくれたらうれしいですflair
山形県職業能力開発協会
〒990-2473
山形市松栄2丁目2番1号
県立山形職業能力開発専門校3F
TEL.023-644-8562
FAX.023-644-2865

山形県技能振興コーナー
TEL.023-645-3131
FAX.023-644-2865