「プログラミング」に挑戦! 金山町立有屋小学校

| コメント(0) | トラックバック(0)

11月24日(水) 金山町立有屋小学校に行ってきました!

職種は「IT」
ITマスター:千秋 広幸 さん、松田 潤一 さん、渡辺 友浩 さん
ご指導のもと「プログラミング」に挑戦しました。
 
今回は、1年生から6年生の全校生徒対象に実施しましたrock
 
有屋小1.JPG
コロナ禍で人と会うことや移動することも制限されている世の中ですが、
オンラインで交流したり、ネットを利用した買い物ができたりと、
私たちは様々なITツールを使ってコロナ禍以前のような生活ができていますwink
これらは、たくさんのプログラムのおかげであると言っても
過言ではないでしょうconfident
コロナ禍になったことで、改めてプログラムの大切さを感じますねshine
 
有屋小2.JPG
今回の講座でも、ボール型のロボットを実際に動かすプログラムを作りますgame
このロボットは、「動く」「光る」「話す」ことができる
プログラミング学習用のロボットですsoccer
ブロック状になった「命令」を下にどんどんくっつけていくように
プログラミングしていきますnote
 
有屋小3.JPG
ロボットはプログラムどおりに動きますdash
間違ったプログラミングをすると、ロボットも間違った動きを
してしまいますdespair
もし正しくないプログラムがあっても、正しい動きができるように、
どこが違うのかしっかりと間違いを見つけて修正することが大事ですrock
 
有屋小4.JPG
低学年の子どもたちは、指で模様などを書いて、そのとおりにロボットを動かす
というプログラミングからスタートしましたscissors
このように、難易度を変えて簡単に楽しくできるのも
プログラミング講座の魅力の一つですhappy02
 
有屋小5.JPG
私たちは、プログラマーが作ったプログラムを利用して便利な生活ができていますflair
この体験を通じて感じるのは、そういった便利なプログラムを作るためには、
たくさんの労力と時間、アイディアや知識が必要であるということですthink
皆さんにいいものを提供したいという作り手の気持ちは、ITもものづくりも一緒ですねrock

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.monozukuri-mirai.net/mtos/mt-tb.cgi/294

コメントする

山形県職業能力開発協会
〒990-2473
山形市松栄2丁目2番1号
県立山形職業能力開発専門校3F
TEL.023-644-8562
FAX.023-644-2865

山形県技能振興コーナー
TEL.023-645-3131
FAX.023-644-2865