2021年12月アーカイブ

12月14日(火) 山形市立西山形小学校に行ってきました!

職種は「菓子製造」
ものづくりマイスター:戸田 健志 さん
ご指導のもと「練りきりつくり」に挑戦しました。
 
西山形小菓子1.JPG
今回は、5年生15名が参加してくれましたconfident
 
西山形小菓子2.JPG
今回の材料はこちらup
これまであまり見たことがない黄色のねりきりがありますねeye
いったい何を作るのでしょうか??
 
西山形小菓子3.JPG
黄色の練りきりを丸めたあと、手のひらの上でうすく伸ばしますpaper
 
西山形小菓子4.JPG
同じように白い練りきりも伸ばして、黄色の練りきりに重ねます。
これが、黒餡を包む皮になりますconfident
練りきりを作る時、色のついた皮だけで黒餡を包むのではなく、
必ず下に白い練りきりの皮を入れて二重にして包みます。
これは、お菓子を切ったときに断面が美しくなるようにするためなのだそうですshine
 
西山形小菓子5.JPG 西山形小菓子6.JPG
できた皮で黒餡を包みます。
包餡(ほうあん)作業ですねrock
 
西山形小菓子7.JPG
包餡ができたら、ビニールのシートを練りきりにかぶせて、上から箸を使って
真ん中にくぼみと、周りに好きなだけブツブツを作っていきますeye
 
西山形小菓子8.JPG
緑の練りきりをくぼみに乗せて、羊羹でできた葉っぱをつけたら
「柚子(ゆず)」の完成scissors
さっきつけたブツブツは、柚子の皮にあるブツブツだったんですねsmile
とってもかわいらしいですhappy02
この課題は、戸田マイスターが事前の打ち合わせに学校を訪問した際、職員室に
あった柚子の木から思いついたそうですbud
職人さんのものづくりに対するアンテナはさすがですshine
 
西山形小菓子9.JPG 西山形小菓子10.JPG
もう一つの課題は、「梅」lovely
これから迎えるお正月の飾りに使われる縁起のいい花ですfuji
梅は花弁が5枚のかわいい花paper
包餡した丸い練りきりに、均等に5枚の花弁ができるよう線を入れます。
どうやったら均等にうまく線を入れられるかな?smile
 
西山形小菓子11.JPG
 
いい感じnote
 
西山形小菓子12.JPG
 
2つの作品が完成しましたhappy02
みんな大満足notes
 
西山形小菓子13.JPG
最後に実演をしていただきましたscissors
目の前で見る職人さんの手つきに、みんな感動!flair
もしかしたら、この中から未来の和菓子職人が生まれるかもしれませんねwink
 
 

12月10日(金) 山辺町立山辺中学校に行ってきました!

職種は「石材施工」
ものづくりマイスター:吉田 朝夫 さん・吉田 朝頼 さん
ご指導のもと「サンドブラストでマイコップつくり」に挑戦しました。
 
山辺中1.JPG
1~3年生10名が参加してくれましたhappy01
 
山辺中2.JPG
自分で考えたデザインの、世界に一つだけの
オリジナルコップを作りますsign03
カッターとカッターボード、それにマイスターさんが
持ってきてくれたガラスコップとゴムシートを準備しますeye
 
 山辺中4.JPG
はじめに、ゴムシートにデザイン画を転写しますconfident
事前に考えてきてもらったデザイン画のコピーを、シンナーを使って
ゴムシートに転写するという方法ですflair
 
山辺中3.JPG 山辺中5.JPG
ゴムシートは粘着シールがついているので、台紙を剥がしてコップに
きれいに貼り付けます。
そして、デザイン画のとおり、丁寧にカッターで切り取っていきますgood
 
山辺中7.JPG 山辺中6.JPG
ゴムシートをきれいにカットできましたshine
ここで、サンドブラスターの登場ですcatface
「サンドブラスト」という加工方法は、砂などの研磨剤を勢いよく吹き付けて、
サビや古くなった塗装を剥がしたり、鋳物などの表面をきれいにしたり、
装飾や彫刻を施すためにも使われる方法ですflair
石材加工では、石の表面にサンドブラスト加工を行い、
字や絵を彫ったりするのだそうですcoldsweats02
 
この体験では、サンドブラスト加工をガラスコップの表面に施すことで、
ガラスコップがくもりガラスのようになり、ゴムシートが貼ってある部分は
透明のまま、自分のデザイン画が残るという仕組みですsmile
 
山辺中8.JPG
シートを剥がしていくと...
 
山辺中9.JPG
オリジナルコップの完成!
できあがった作品は、クリスマス会で使用するということですxmas
とっても楽しみですね!bell

12月8日(水) 寒河江市立醍醐小学校に行ってきました!

職種は「左官」
ものづくりマイスター:板坂 隆友 さん、志藤 敏之 さん
ご指導のもと「光るどろだんごづくり」に挑戦しました。
 
醍醐小左官1.JPG
1~3年生のみなさんが参加してくれましたhappy01
作りたい色ごとにグループに分かれて作業をします
この日は、赤、青、紫、オレンジの4色にしましたshine
 
醍醐小左官2.JPG
さっそく製作作業です。
マイスターさんが作ってくれたどろだんごに漆喰(しっくい)を塗っていきます。
「つめた~いbearing」「ザラザラするーcatface」「ヨーグルトみたいbleah
漆喰を触った子どもたちからは、いろんな反応がありましたwink
この材料は、壁を塗る「漆喰」に珪砂(けいさ)という砂を混ぜて、
どろだんごに漆喰がくっつきいやすいようになっていますscissors
あまり強くゴシゴシ塗ると、かわいた砂がポロポロ落ちてしまうので、やさしく、
うすく塗っていきますflair
 
醍醐小左官3.JPG
土の色が見えなくなるように、全体に2回塗ります。
これを「下塗り」といいますflair
どろだんごをきれいに光らせるための準備ですrock
 
醍醐小左官4.JPG
下塗りが終わったら、筒状の道具でだんごを丸く形を整えていきますshine
表面のボコボコがなるべくなくなるように、道具をくるくる回しながら
なでていきますtyphoon
 
醍醐小左官5.JPG 醍醐小左官6.JPG
今度は「中塗り」です。
今度は漆喰に水性絵の具を混ぜて、色の濃さを調節します。
漆喰は白いので、たとえば赤の絵の具を混ぜると、ピンクっぽくなりますnote
この材料を、また指で塗っていきますgood
 
醍醐小左官7.JPG
全体に塗って少し乾いたら、今度はビンの口を使って磨きます。
ここからががんばりどころ!
 
醍醐小左官8.JPG
 
なかなか大変な作業でしたが、みんながんばったおかげで全員
ピカピカに光りました!
あとは仕上げにビニル袋で全体を磨いて完成scissors
みんな自分の作品にとっても満足そうでしたhappy01
 
途中の休み時間も、トイレ休憩をしないでどろだんごを見つめている児童もいましたsmile
ものづくりは、一度始めると完成するまでなかなかやめられなくなりますよねshine
見ている方も、時間も忘れてしまうほど楽しい体験教室でしたnotes

12月2日(木)山形市立西山形小学校に行ってきました!

職種は「建築板金」
ものづくりマイスター:梅津 健 さん、吉田 好男 さん、會田 真也 さん
ご指導のもと「銅板エッチング」に挑戦しました。
 
山形市立西山形小学校では、毎年6年生の卒業制作として銅板エッチングの
飾り立てを製作しています。
記念に残る作品が製作できることで人気の銅板エッチング、今回はどんな
作品ができあがるでしょうか?
 
西山形小板金1.JPG
6年生9名が参加してくれましたwink
 
西山形小板金3.JPG 西山形小板金2.JPG
板金やさんは建物の屋根や壁を作る職人さんです。
鉄板を上手に加工して、みなさんのお家などを雨や風から守り、快適な生活
ができるようにしてくれますsun
屋根の材料である鋼板は、0.35mmほどの厚さです
薄いと思うかもしれませんが、鉄でできているので、これを切ったり曲げたり
するのはとても大変ですsweat01
職人さんははさみを上手に使って切っていきますhairsalon
力だけでなく、はさみの使い方にも技があるのですflair
 
西山形小板金4.JPG
雨どい加工に使われる「菊しぼり」の技法も見せてもらいました。
 
西山形小板金5.JPG
実演のあとはさっそく銅板エッチングnotes
自分の好きな漢字だったり、名前の一文字だったり、それぞれが選んだ一文字を
銅板に写していきますpencil
 
西山形小板金6.JPG
表が出来上がったら、裏から字の内側をなぞって、文字が浮き上がるように
加工しますeye
 
西山形小板金7.JPG
銅板の四辺を折って、銅板に強度を持たせますpunch
 
西山形小板金8.JPG 西山形小板金9.JPG
文字を油性ペンで丁寧に塗ったら、硫化カリウム水溶液の中にドボンdown
銅板の色がどんどん変わっていきますcd
 
西山形小板金10.JPG 西山形小板金12.JPG
5分くらい液につけると、銅板が真っ黒!
液から取り上げて乾かしたら、シンナーを使ってさっき黒く染めた油性インクを
拭き取りますconfident
ピカピカになった文字を、磨き剤を使ってさらにピカピカにしていきますshine
 
西山形小板金13.JPG 
仕上げにラッカースプレーをかけて完成ですhappy02
 
9名という少人数のおかげで、マイスターさんとみんななかよく和気あいあいと
作業することができましたbleah
中学生になっても、自分の作品を見て、この日のことを思い出してくれたら
とってもうれしいですconfident

12月1日(水)中山町立豊田小学校に行ってきました!

職種は「建築板金」
ものづくりマイスター:梅津 健 さん、原田 直記 さん、吉田 好男 さん、渡辺 正人 さん
補助者:深瀬 健太郎 さん
ご指導のもと「銅板エッチング」に挑戦しました。
 
新型コロナウイルスの影響で昨年は学年の親子行事が中止になってしまい、
今年はなんとか実施したい!という保護者の方からの希望で、
6学年の親子行事として実施しましたrock
 
豊田小1.JPG
6年生19名とその保護者の方が参加してくれましたwink
 
豊田小2.JPG 豊田小3.JPG
はじめに、建築板金の仕事について親子で学びました。
子どもたちはもちろん、お父さんお母さんでも板金職人のしごとに触れる
機会はなかなかありませんflair
自分たちが住んでいる家、そして雨風から守ってくれる屋根の大切さについて
感じることが出来ましたconfident
自分の手で屋根の材料を切ってみるという体験もしましたhairsalon
職人さんのように簡単に切ることはなかなか難しそうですsmile
 
豊田小4.JPG 豊田小5.JPG
いよいよ、銅板エッチングに挑戦ですscissors
事前に親子で決めた漢字一文字を、厚さ0.15mmの銅板に書いていきますpencil
0.15mmというと、10円玉の厚さの1/10ですsign01
銅板で手を切ってしまわないように、慎重に扱いますconfident
 
豊田小6.JPG 豊田小7.JPG
とっても個性的で芸術的なデザインの字がたくさんありましたshine
 
豊田小8.JPG 豊田小9.JPG
文字を丁寧に写し、油性ペンで塗りつぶしたら、硫化カリウム水溶液で
銅板を腐食させていきます。
これは、銅板を酸化させて黒く色を付ける技法です。
この技法は、神社やお寺の屋根などにある「鬼飾り」を作るときに使われる
ものなのだそうですflair
 
豊田小10.JPG 豊田小11.JPG
真っ黒になった銅板の、文字の部分をシンナーでやさしく拭き取ると
ピカピカの文字が現れました!
お父さんお母さんからも歓声がsmile
 
豊田小12.JPG 豊田小13.JPG
さらに文字の部分を磨き剤で磨き上げ、仕上げに透明なラッカースプレーで
コーティングshine
立派な作品のできあがりですhappy02
 
豊田小14.JPG 豊田小15.JPG
作品が完成したあとも、少し時間があったので「菊しぼり」の体験をしましたgood
また、板金加工で使うはさみでティッシュを切るというチャレンジをしていた
児童もいましたhappy01
うまく切れたかな?
 
お父さんお母さんの協力で、とても楽しくできた体験教室でしたnote
親子の思い出のひとつになってくれたらうれしいですhappy02

11月30日(火) 東根市立大富中学校に行ってきました!

職種は「菓子製造」
ものづくりマイスター:戸田 健志 さん
補助者:金丸 千穂 さん
ご指導のもと「練りきりつくり」に挑戦しました。
 
大富中1.JPG 大富中2.JPG
今回は、3年生48名が参加、午前・午後の2回に分けて実施しましたconfident
 
大富中3.JPG
実際に練りきりに触ってみます
どんな匂いがするのか、どんな感触なのか感じてもらいますheart02
生徒のみなさんは、ちょっとドキドキしながら触っていましたpaper
「甘い香りがするーnote」「粘土みたい!」「ベタベタしてきたsmile
いろんな感想がありました
ものづくり体験教室では、自分でやってみて、見た目、音、匂い、味、感触などを
体で感じることがとても大事ですwink
 
大富中5.JPG 大富中4.JPG
練りきりづくりの基本、皮で餡を包む「包餡(ほうあん)」作業をします
その前に、みんなで練習をしてみますrock
白い練りきりを丸めて、指で真ん中にくぼみを作りますgood
そのくぼみが常に上を向くように、親指・人差し指・中指を使って
練りきりを回しますtyphoon
マイスターさんはすごいスピードで回していきますが、生徒の皆さんは
なかなかうまく回すことができませんsweat01
 
大富中6.JPG
目の前でお手本を見せてくれましたeye
 
大富中7.JPG 大富中8.JPG
さて、包餡作業本番ですrock
丸めた紅色の練りきりと白の練りきりを交互にくっつけて、それを平たく伸ばしていきますpaper
伸ばした練りきりで黒餡を包み丸めますconfident
 
大富中9.JPG 大富中10.JPG
ビニ-ルのシートにつつんでギュッと絞ったら、そのビニールの軸を押し込みますgood
すると、くぼみの周りにシワができて花びらのようになりましたhappy02
和菓子製作の「茶巾絞り」という技法なのだそうですshine
 
大富中11.JPG
蕊(しべ)を付けて「椿」の完成sign03
お店で買うと、1個300円くらいのお菓子ですjapanesetea
さて、皆さんが作った練りきりは、一体いくらで販売できる出来栄えだったでしょうか?smile
 
大富中12.JPG 大富中13.JPG
もうひとつの課題は、「菊」wink
平たくつぶしたピンクの練りきりの中心に、丸い小さな白の練りきりを埋め込みます
そして、ピンクと白の境目を目立たなくするように、指で優しくなでていきますgood
これが、「ぼかし」という技法ですflair
 
大富中14.JPG 大富中15.JPG
包餡をしたあと、角箸の角を使って下から上に線をつけていきます
等間隔で一周したら、中心に蕊を乗せて完成ですhappy02
マイスターさんもびっくりするほど、とても上手にできた生徒もいましたshine
 
大富中16.JPG
マイスターさんの指示どおり、みんなにぎやかに楽しんで作業していましたbleah
しかし、餡を丸く丸める作業のときだけは、みんなしゃべることなくシーーンと
集中してやっていたのが面白かったですsmile
楽しみながらもやるときはやる!
そんな気持ちで、これからの受験に向けてがんばってくださいgood
 
山形県職業能力開発協会
〒990-2473
山形市松栄2丁目2番1号
県立山形職業能力開発専門校3F
TEL.023-644-8562
FAX.023-644-2865

山形県技能振興コーナー
TEL.023-645-3131
FAX.023-644-2865